QBM522 主体的に生きる(2)

QBM522 主体的に生きる(2)

 

主体的に生きるとは、

どんなことでしょうか。

 

 

一部の脳科学者たちは、

脳内の分泌物が原因となって

人の気持ちが変わると言います。

 

 

本当にそうでしょうか。

 

 

例えば演劇の稽古をしていて

すごく険悪な気持ちで二人が向き合っていて

お互いに圧力をかけあっているとします。

 

 

演劇と言えども、リアリティを出すためには、

本気でそういう気持ちになる必要があります。

 

 

二人はにらみ合いながら、

心の中でも「このやろう!」と感じているのです。

 

 

ところが、トレーナーから

「はい、そこまで。次のペアと替わってください」

と言われた瞬間(!)、

「やあ、ありがとうございました」と

満面の笑顔で握手をして終わるのです。

 

 

この1秒もない間の変化に

脳内の分泌物が追い付けるとでも

言うのでしょうか。

 

 

場合によっては、次の瞬間、

元の険悪な雰囲気に戻ることさえ可能なのです。

 

 

私たちの心は、私たちの意識そのものによって

主体的に変化させることが可能です。

 

 

そしてそれは、心そのものに関する少しの知識と

こつと、少しの訓練によって可能になります。

私の出版物をご紹介します。

https://goo.gl/U1ucmB

多方面の内容について書いておりますので、ご興味がありましたら周囲の方にご紹介ください。

ご興味のある方は、私のHP https://moment21.com/yoshiieshigeo/や更には「吉家重夫と統一場心理学のメールマガジン」のメルマガも以下から読者登録をお願いします。

【吉家重夫と統一場心理学 メルマガ登録/解除リンク】

https://www.moment21.com/yoshiieshigeo/index.html#merumaga2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です