QBM383 うつ病を治す!(2)

QBM383 うつ病を治す!(2)

 

第1章 「うつ」が今まで治らなかった方へ

 

 

 1-1 新しい心理学の時代

 

本書には、自分でうつ病を治す方法が書かれています。

「そんなことができるなら、誰も苦労はしない。病院の精神科や心理カウンセラーに何年も通って、それでも治らないのに、そんなことできる訳がない」

そう思われる方も、居られるに違いありません。

でもそれは、従来の心理学、従来の心理カウンセリングの話ではないでしょうか。

 

従来の心理学や心理カウンセリングの理論では、心そのものの構造が明らかになっていませんでした。そのためこれらの分野では、手探りの断片的な経験則によって考えが押し進められてきたのです。

経験則というものは、状況が変わる度に新しい法則が生まれます。どんどん増えてゆき、無数の学説が並立する傾向があるのです。少し大きな書店の心理学のコーナーに行くと、いくつもの棚に多数の心理学関連の書籍が並んでいるのは、そうした事情によるものです。

経験則を役立てるためには、無数の法則を覚えなければなりません。それで、従来の心理学や心理カウンセリングは、プロに任せるしかなかったのです。

 

しかし、新しい心理学が生まれました。

私は、心の問題を抱えた皆さんが、自分で問題を解決できるようにならないだろうかと、25年間研究を続けてきました。

それが、心そのものの構造と原理を解き明かした理論「統一場心理学」や、それを実践するための「量子脳メソッド」です。これは、断片的な経験則の集まりではではなくて、問題を抱えた方が、考えれば解決できるという一貫性のある理論なのです。

量子などというと、ひどく難しいことのように感じるかもしれませんが、ほとんどすべての心の状態を図解してお見せできるので、どなたにでも容易に理解していただけると思います。

つまり、量子脳メソッドは、

 

1 全てを図解する、見える心理学です

2 問題の原因と解決方法が、考えれば分かる心理学です

 

図を見ながら考えるという、驚くほど分かり易くて、便利な理論なのです。

今回は、うつを解消するために書きました。

でも本書は、実は、それ以上の働きをもっています。

皆さんは、本書をお読みになることで、うつ病を克服することはもちろんのこと、更に、今後遭遇するであろう人生の様々な心の問題に、上手に対処する方法も身に付けていただけると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です