QBM501 格言シリーズ(92)

QBM501 格言シリーズ(92)

 

「人がほめられたときに最初は固辞

するのは、もう一度言ってもらいたい

からである」

フランソワ・ド・ラ・ロシュフーコー

<フランスのモラリスト・文学者 1613-80>

(『英語の名言』晴山陽一著より)

 

 

私たちの心は、

イメージの塊が大きくなると

安定して、嬉しくなるという

性質を持っています。

 

 

大きな声、繰り返し、強調された言葉などは、

そうした効果があるのです。

 

 

人に「もういちどほめられる」ことは、

単に、1回ほめられて嬉しかったことが、

もう一度嬉しくなるだけでなく、

イメージの塊が大きくなる効果があります。

 

 

実感として、「重さが増す」といった

感じです。

 

 

何か交渉事をしたとき、

「重要なことは繰り返して言え」というのは、

そのためです。

 

 

後になって、「言った」「言わない」という

記憶違いを無くすだけでなく、お互いに

その内容の比重を増して

「これは重要なことなのだ」という

イメージを共有するのに必要なのです。

 

 

人を褒めることばは、

繰り返し言いましょう。

 

 

最近撮った動画です。
https://youtu.be/BdX-VxIS7Iw

https://youtu.be/PL89GPpRnNg

統一場心理学にご興味があれば、

是非ご覧ください。

私の出版物をご紹介します。

https://goo.gl/U1ucmB

多方面の内容について書いておりますので、ご興味がありましたら周囲の方にご紹介ください。

ご興味のある方は、私のHP http://moment21.com/yoshiieshigeo/や更には「脳が進化する 量子脳メソッド」のメルマガも以下から読者登録をお願いします。

直接、申込フォームから    http://moment21.com/qbm/mg.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です