QBM498 格言シリーズ(89)

QBM498 格言シリーズ(89)

 

「話は目的のある航海のようなもの。

海図がなければならない。あてもなく

出発した者は、たいていどこにも

行き着けない」

デール・カーネギー

<米国の著述家 1888-1955>

(『英語の名言』晴山陽一著より)

 

 

この著者は、不安感を取り除き、

効果的に目標を達成する方法を

探求した方です。

 

 

毎日目標達成の指導をしている方からすると、

どこにも行き着かない会話は、

随分無駄に感じられることでしょう。

 

 

人の行動は、大きく二つに分けることができます。

ひたすら自分の心だけを安定させるための行動と、

周囲に変化を与えることで心を安定させる行動です。

 

 

ここで言っている

「どこにも行き着けない」会話は、

前者に当たると考えられます。

 

 

人間は、とても効率の悪い生き物ですので、

ほぼ全ての人が、両方の行動を必要とします。

 

 

ですが、自分の心が安定している人ほど、

後者の行動が増え、効果的に自分の人生を

構築することができるのです。

 

 

敢えて意義を申し述べるとするなら、

目的のある会話を増やすことは、

心が統合された結果現れるのであって、

そうしようと思っても

なかなかできることではありません。

 

 

多くの人々は、心の構造と原理を理解していません。

それで、結果に近づこうと「思うこと」が、

結果に近づく方法であるという誤解を生むのです。

私の出版物をご紹介します。

https://goo.gl/U1ucmB

多方面の内容について書いておりますので、ご興味がありましたら周囲の方にご紹介ください。

ご興味のある方は、私のHP http://moment21.com/yoshiieshigeo/や更には「脳が進化する 量子脳メソッド」のメルマガも以下から読者登録をお願いします。

直接、申込フォームから    http://moment21.com/qbm/mg.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です