QBM524 主体的に生きる(4)

QBM524 主体的に生きる(4)

 

 

私たちの意識の中には、

「主客合一」という性質があります。

 

 

これは、私たちの感じる情報(客体)と

感じる側(主体)が同じだということです。

 

 

詳しくは統一場心理学の基本セミナーを

受講して頂ければと思うのですが、

私たちの全ての認識は、この主客合一以外には

あり得ないことが、容易に論証されます。

 

 

そこで、「普段の私」に含まれる情報が多いほど

主体的な性質が強まると言えるでしょう。

 

 

結果として、嫌いな人が多い方は、

「普段の私」に含まれる情報が少なくなり、

主体的な能力も低下することになるのです。

 

 

今月の23日(水)午後7時半から、

「嫌いない人、苦手な人を減らせるワークショップ」

を格安で開催します。

 

https://www.facebook.com/events/306999123255524/

 

 

この辺りが、主体的に生きる

第一歩になると思いますので、

是非ご参加ください。

私の出版物をご紹介します。

https://goo.gl/U1ucmB

多方面の内容について書いておりますので、ご興味がありましたら周囲の方にご紹介ください。

ご興味のある方は、私のHP https://moment21.com/yoshiieshigeo/や更には「吉家重夫と統一場心理学のメールマガジン」のメルマガも以下から読者登録をお願いします。

【吉家重夫と統一場心理学 メルマガ登録/解除リンク】

https://www.moment21.com/yoshiieshigeo/index.html#merumaga2

QBM523 主体的に生きる(3)

QBM523 主体的に生きる(3)

 

 

前回、

私たちの心は、私たちの意識そのものによって、

主体的に変化させられることを書きました。

 

 

そもそも、脳神経系には主体、意図、意志などは、

現れることはできません。そこには、分子レベルの

化学反応があるだけですから。

 

 

さて、もう少し「主体的に生きる」ことについて、

詳しく見てゆきましょう。

 

 

主体的に生きるには、私たちの心の中の必然性が、

周囲と調和するための必然性よりも

強力であることが必要です。

 

 

周囲と調和することが、

より大きなエネルギーの安定をもたらすのであれば

私たちは自分の心を無視して、

周囲に合わせようとするからです。

 

 

では、「私の中の必然性」をより強力にするとは、

どんなことでしょうか。

 

 

それは、「普段の私」に含まれる情報量の問題になります。

「普段の私」により多くの情報を取り込み、

その範囲を広げることを意味します。

 

 

もう少し具体的に言うなら、

「普段の私に含まれる人格の数やトータルの情報量」と

いうことになるでしょう。

 

 

嫌いな人が多いと、「普段の私」に取り込まれる情報は、

減少してしまいます。

 

 

勿論、嫌いな人が多くても、感情的になって

我を通す人は居るでしょう。

 

 

しかしその場合は、主体的というよりも、

病的に防衛に突き動かされていると言えるのです。

 

 

要は、心の中に含まれる無数の人の

どこまでを「普段の私の内部」であるとして、

どこからを外部だと思うかによるのです。

 

 

これは、「普段の私」と外部との境界線を

どこに引くかによって決まります。

私の出版物をご紹介します。

https://goo.gl/U1ucmB

多方面の内容について書いておりますので、ご興味がありましたら周囲の方にご紹介ください。

ご興味のある方は、私のHP https://moment21.com/yoshiieshigeo/や更には「吉家重夫と統一場心理学のメールマガジン」のメルマガも以下から読者登録をお願いします。

【吉家重夫と統一場心理学 メルマガ登録/解除リンク】

https://www.moment21.com/yoshiieshigeo/index.html#merumaga2

QBM522 主体的に生きる(2)

QBM522 主体的に生きる(2)

 

主体的に生きるとは、

どんなことでしょうか。

 

 

一部の脳科学者たちは、

脳内の分泌物が原因となって

人の気持ちが変わると言います。

 

 

本当にそうでしょうか。

 

 

例えば演劇の稽古をしていて

すごく険悪な気持ちで二人が向き合っていて

お互いに圧力をかけあっているとします。

 

 

演劇と言えども、リアリティを出すためには、

本気でそういう気持ちになる必要があります。

 

 

二人はにらみ合いながら、

心の中でも「このやろう!」と感じているのです。

 

 

ところが、トレーナーから

「はい、そこまで。次のペアと替わってください」

と言われた瞬間(!)、

「やあ、ありがとうございました」と

満面の笑顔で握手をして終わるのです。

 

 

この1秒もない間の変化に

脳内の分泌物が追い付けるとでも

言うのでしょうか。

 

 

場合によっては、次の瞬間、

元の険悪な雰囲気に戻ることさえ可能なのです。

 

 

私たちの心は、私たちの意識そのものによって

主体的に変化させることが可能です。

 

 

そしてそれは、心そのものに関する少しの知識と

こつと、少しの訓練によって可能になります。

私の出版物をご紹介します。

https://goo.gl/U1ucmB

多方面の内容について書いておりますので、ご興味がありましたら周囲の方にご紹介ください。

ご興味のある方は、私のHP https://moment21.com/yoshiieshigeo/や更には「吉家重夫と統一場心理学のメールマガジン」のメルマガも以下から読者登録をお願いします。

【吉家重夫と統一場心理学 メルマガ登録/解除リンク】

https://www.moment21.com/yoshiieshigeo/index.html#merumaga2

QBM521 主体的に生きる(1)

QBM521 主体的に生きる(1)

 

 

皆さん、明けましておめでとうございます。

月並みではありますが・・・

旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願い致します。

 

 

さて本年は、QBM元年と呼ばれるような、

発展の年にしたいと考えています。

そう言っていただけるような、

充実したサービスを展開致します。

 

 

従来の統一場心理学基本セミナーは、

Zoomなどを多用し、全国的な展開をします。

今まで統一場心理学に興味をもって頂いているのに

なかなか接する機会のなかった方々へ、

より充実した内容のセミナーをお届けできると思います。

 

 

また、『生劇の宴』という

ワーク中心の大きな活動を展開します。

ちょっと面白そうではありませんか。

 

 

これは生劇役者の部分と、生劇舞台の部分に分かれます。

生劇役者部分は、ゲーム感覚で楽しめる「カード式ワーク」です。

誰もが、ちょっと役者気分を味わいながら、

人生を切り開く極意を身に付けられるものです。

 

 

生劇舞台は、先日から少しずつ説明を始めている

「Time Stage」を展開します。

あなたの部屋が、あっというまにタイムマシンになり

信じられないくらい容易に、

皆さんが望む人生へと、進んでゆくことになります。

 

 

そして、これらのバックボーンとなるのは、

統一場心理学や量子脳メソッドと共に

新たに「アドラー心理学の再構築」という

一大事業があります。

 

 

あらゆる従来の心理学と親和性のある

統一場心理学ならではの普遍性が、

ここに威力を発揮します。

 

 

アドラー心理学は、

未来と希望と主体性の心理学です。

100年前には、それは

完成させることが不可能でした。

偉大なアドラーの真価を解き明かすのは、

現代に生きる私たちの使命です。

私の出版物をご紹介します。

https://goo.gl/U1ucmB

多方面の内容について書いておりますので、ご興味がありましたら周囲の方にご紹介ください。

ご興味のある方は、私のHP http://moment21.com/yoshiieshigeo/や更には「脳が進化する 量子脳メソッド」のメルマガも以下から読者登録をお願いします。

【吉家重夫と統一場心理学 メルマガ登録/解除リンク】

https://www.moment21.com/yoshiieshigeo/index.html#merumaga2

QBM520 観じる(12)

QBM520 観じる(12)

 

今年も過ぎ去ってゆきますね。

来年は、新しい企画を考えています。

 

 

アドラー心理学に注目してみようと思います。

ブームは少し過ぎたと感じられるかもしれませんが、

そういうことではありません。

 

 

アドラー心理学には、

まだまだ可能性のまま眠っている

すごい価値があると考えているのです。

 

 

その真価に、

統一場心理学の視点からチャレンジします。

 

 

同じ精神分析系と言っても、

アドラー心理学には、その枠には収まらない

もっと普遍的な価値があると確信していて、

それを皆さんと共有できれば幸いです。

 

 

それでは、2019年の再会を楽しみに

「良いお年を!」

私の出版物をご紹介します。

https://goo.gl/U1ucmB

多方面の内容について書いておりますので、ご興味がありましたら周囲の方にご紹介ください。

ご興味のある方は、私のHP http://moment21.com/yoshiieshigeo/や更には「脳が進化する 量子脳メソッド」のメルマガも以下から読者登録をお願いします。

【吉家重夫と統一場心理学 メルマガ登録/解除リンク】

https://www.moment21.com/yoshiieshigeo/index.html#merumaga2

QBM518 観じる(11)

QBM519 観じる(11)

 

お年玉企画です。

来年は、ワークを充実させて

皆さんのお役に立てるように

頑張ってゆきます。

 

 

=============================================
量子脳メソッドによる
嫌いな人、苦手な人をひとり減らせるワークショップ
=============================================

■開催日時
2019年1月8日(火)
19:00~21:30(予定)
※日中の開催希望の場合は、申込フォームのメッセージ欄で
お知らせください。

■会場
インターネット環境のあるお好きな場所(zoom開催)
※リアル参加も可。定員7名。(場所はあざみ野の事務所)

■参加費
お年玉価格1,000円(通常3,000円)

■お申込みフォーム
https://my82p.com/p/r/lCDfbxU1

=============================================

 

 

なるべく気楽に

量子脳メソッドに接する機会を

増やしてゆきます。

 

 

量子脳メソッドを習得すれば、

人生の得。

人生の楽。

そして、人生の勝利につながります。

私の出版物をご紹介します。

https://goo.gl/U1ucmB

多方面の内容について書いておりますので、ご興味がありましたら周囲の方にご紹介ください。

ご興味のある方は、私のHP http://moment21.com/yoshiieshigeo/や更には「脳が進化する 量子脳メソッド」のメルマガも以下から読者登録をお願いします。

【吉家重夫と統一場心理学 メルマガ登録/解除リンク】

https://www.moment21.com/yoshiieshigeo/index.html#merumaga2

QBM518 観じる(10)

QBM518 観じる(10)

 

  • ● 本日まで ●●

12月14日(金)本日!までにお申し込みいただければ

無料動画をプレゼントします。

http://ryousinou.com/lp/

  • ●      ●●

 

 

本を読むとき、読むのと同じ速さで、

統一場心理学からの視点に翻訳しています。

翻訳しながら、読んでいるのです。

 

 

すると、1冊の本を読んでも、

二つの視点から物事を見られたことになります。

 

 

その本に書かれていることだけに限れば、

著者よりも深く理解できただろうと

思われることも少なくありません。

 

 

経験則は、その経験が得られた範囲に限り

効果的に働きます。

 

 

ですから、精神疾患に悩む人のために

構築された方法は、

そのような方々の範囲でだけ効果的なのです。

 

 

しかし、もしそこに、

理論的な背景を与えることができれば

どうなるでしょうか。

 

 

一つの経験則を、

まるで異なる前提条件の範囲にまで

広げて考えることができます。

 

 

例えば、水の沸点が山の上では

100度未満に下がることが分かると、

理論を知っている人なら容易に

二酸化炭素が深海で液体になっていることも

予想できるようなことです。

 

 

精神的に困っている人を助ける方法が、

元気な人をより効率的に動く方法へと

転用することも可能になるのです。

 

 

勿論逆に、元気な人を更にエネルギッシュにする方法から、

弱っている人を健康にする方法を生み出すことも

可能になります。

私の出版物をご紹介します。

https://goo.gl/U1ucmB

多方面の内容について書いておりますので、ご興味がありましたら周囲の方にご紹介ください。

ご興味のある方は、私のHP http://moment21.com/yoshiieshigeo/や更には「脳が進化する 量子脳メソッド」のメルマガも以下から読者登録をお願いします。

【吉家重夫と統一場心理学 メルマガ登録/解除リンク】

https://www.moment21.com/yoshiieshigeo/index.html#merumaga2

QBM517 観じる(9)

QBM517 観じる(9)

 

 

  • ● 本日まで ●●

12月10日(月)本日!までにお申し込みいただければ

無料動画をプレゼントします。

http://ryousinou.com/lp/

  • ●      ●●

 

 

心の原理が分かるということは、

誰にでも、どんな質問にも答えれるということです。

 

 

勿論、「・・・という人の・・・という理論について

どう思いますか?」

は、心に関する質問ではありませんので、

お応えできないこともあります。

 

 

心の原理が分かるということは、

これまでに人類が蓄積してきた

膨大な経験則を、

整理整頓して、普遍的な視点から見られる

ということです。

 

 

多分、できないよりもできた方が、

ずっと効果的な心理支援ができますし、

一般の方の人生も様変わりするはずです。

 

 

そして更に、大切なことがあります。

 

 

心の原理について普遍的な視点を持った人は、

新しい知見を恐れないで、

「是非知りたい!」

と感じることです。

 

 

少し別の話になりますが、

女子のキックボクサーである

LT(リトルタイガー)さんは、

チャンピョンベルトを6本持っています。

(私のお会いした当時ですが)

 

 

なぜそんなにチャンピョンベルトが

多数存在するのかと言えば、

タイの村々では、別々にチャンピョンが存在し

それぞれの村で興行を成功させるために、

統一チャンピョンを選びたいと思わないからです。

 

 

チャンピョンベルトなど、勝ち負けの世界では、

そういうものかもしれません。

 

 

しかし、人々を普遍的に幸せにするはずの

心の構造と原理は、

それとはまるで話が違います。

 

 

誰もが、普遍的で一貫性のある視点をもてれば

皆が全員、同時に、幸せになれるはずだからです。

私の出版物をご紹介します。

https://goo.gl/U1ucmB

多方面の内容について書いておりますので、ご興味がありましたら周囲の方にご紹介ください。

ご興味のある方は、私のHP http://moment21.com/yoshiieshigeo/や更には「脳が進化する 量子脳メソッド」のメルマガも以下から読者登録をお願いします。

【吉家重夫と統一場心理学 メルマガ登録/解除リンク】

https://www.moment21.com/yoshiieshigeo/index.html#merumaga2

QBM516 観じる(8)

QBM516 観じる(8)

 

 

12月10日(月)までにお申し込みいただければ

無料動画をプレゼントします。

http://ryousinou.com/lp/

 

さて、もう少し「信じること」と「理解すること」の

違いを明確にしてみましょう。

 

 

私たちの心は、連想で出来ています。

もしこの連想が、一つしか思い浮かばなかったり、

思い浮かんでも、一つのルート以外が否定されたら、

私たちの自由な思考力は、奪われてしまいます。

 

 

思い込みの激しい人に、

「ウソでもいいから、仮にあなたが間違っているとして…」

などと言おうものなら、

「そんなウソを想定することなどできない!」

と、拒否されてしまいます。

 

 

信じること、思い込みの第1の特徴は、

連想に多様性を持たせることが難しい

ということです。

 

 

或いは、一見色々連想しているようでいて、

それらの間に断絶がある場合もあります。

 

 

オームが事件を起こしたとき、

レポーターが信者に

「浅原は、・・・みたいなことをしたんですよ」

と投げてみると、

「はあ・・・でも、尊師は偉い方なんですよ」

と、別の話としてしゃべる訳です。

 

 

つまり「偉い方」という意味づけが、

現実の世界の、その他の部分とつながっていないのです。

 

 

つまりこれが、連想の断絶です。

 

 

これに対して、「理解する」というのは、

現実世界のあらゆる部分とつながろうとすることです。

 

 

そこには一貫性と連続性があります。

 

 

経験則が思い込みに陥りやすいのは、

連続性や一貫性を持たせにくいからですね。

私の出版物をご紹介します。

https://goo.gl/U1ucmB

多方面の内容について書いておりますので、ご興味がありましたら周囲の方にご紹介ください。

ご興味のある方は、私のHP http://moment21.com/yoshiieshigeo/や更には「脳が進化する 量子脳メソッド」のメルマガも以下から読者登録をお願いします。

【吉家重夫と統一場心理学 メルマガ登録/解除リンク】

https://www.moment21.com/yoshiieshigeo/index.html#merumaga2

QBM515 観じる(7)

QBM515 観じる(7)

 

 

自説の問題点を指摘してもらうことは、

自身の進化につながります。

 

 

ところが、「私は、自説を守りたいとは思わない」

とか、「自説を守らない」というと、

「それはなかなかできませんね」という

答えが返ってくることの方が多いのです。

 

 

「普通は守りたいと感じるものだ」という

暗黙の了解があり、

「人は自説を守るために争うものだ」

などと、まるで整合性のないことを

信じている人が多いのです。

 

 

まず、「それは意味のない思い込みだ」と

いうことを理性的に納得してください。

 

 

権威に頼る人ほど、

偉い人の言うことを信じ、

教科書を信じ、

その信じる心を守るために

自説を守るのです。

 

 

信じることは、争いの元です。

 

 

理解こそ、人々の調和と協力と進化を

呼び込む原動力になるのです。

 

 

「そうは言っても、信じたからこそ

成し遂げられた偉業が沢山あるじゃないか」

と思われるかもしれません。

 

 

でもそれは、間違っています。

 

 

疑ったからこそ成し遂げられた偉業の方が、

遥かに多いはずです。

 

 

また、信じたことによって起きた不毛な諍い、

疲れ切った挫折、

不要な叩き合い、

その方が、遥かに多いはずです。

 

 

信念を持つことで成し遂げられたひとつの偉業の陰に、

信念を持つことで生じた

100の不毛な挫折があるはずです。

 

 

理解こそが、世界を救う道ではないでしょうか。

私の出版物をご紹介します。

https://goo.gl/U1ucmB

多方面の内容について書いておりますので、ご興味がありましたら周囲の方にご紹介ください。

ご興味のある方は、私のHP http://moment21.com/yoshiieshigeo/や更には「脳が進化する 量子脳メソッド」のメルマガも以下から読者登録をお願いします。

【吉家重夫と統一場心理学 メルマガ登録/解除リンク】

https://www.moment21.com/yoshiieshigeo/index.html#merumaga2